沖縄三線と工芸品の店くくる

*

ホーム琉球ガラス / 琉球ガラスの歴史

琉球ガラスの歴史

泡盛を注ぐグラスや、多彩な色を含んだ花瓶など、どこか温かみのある琉球ガラスの歴史は、沖縄の焦土から、その歴史が始まりました。もともと明治時代から始まった沖縄のガラス製造は、太平洋戦争後、米軍が持ち込んだコーラなどの廃瓶を材料にして作られることとなります。

コーラやビールの廃瓶には色がついているので、色のついたグラスなどが作られるようになりました。廃瓶を利用したガラスは、気泡が入りやすく、透明さを第一とするガラスにおいては、製品としての評価がどうしても低くなってしまいます。

そこで、ガラス職人たちは、気泡が入りやすいということを逆手にとって、意識的に気泡を入れることにより、芸術的な模様を作る手法を確立していくのです。

また、ガラス職人たちは、ニーズに応えて造花など装飾性の高い製品を生み出すことに熱意を傾けていきます。これらの研究成果により、芸術性の高い琉球ガラスの技術が育まれていきました。

琉球ガラスは、今なお、職人たちの手により、ひとつひとつ作られています。それゆえに、ガラスなのに温かみが感じられるのかも知れません。現在は、廃瓶利用という枠にとらわれず、新しい材料による多彩な色を持った作品も作られています。

ページの先頭へ