沖縄三線と工芸品の店くくる

*

ホームやちむん / 新垣勲氏のやちむん

新垣勲氏のやちむん

現代の名工、新垣勲(あらがき いさお)氏の作品を販売しております。壺屋焼の大きな特徴である美しい赤絵色のやちむんなど、当店取扱商品の一部をご紹介いたします。

魚模様の茶碗

茶碗(マカイ)

壺屋焼の特徴である鮮やかな赤絵付のお茶碗です。日常に使える標準的なサイズを中心に、この写真以外の柄も取り揃えております。
写真の茶碗 2,900円
カラカラとぐい呑み

酒器

沖縄のお酒「泡盛」や、焼酎にもお使いいただけます。写真は、安定感のある新しいスタイルのカラカラとぐい呑みです。
写真のカラカラ 8,800円、ぐい呑み 1,400円
魚模様の尺皿

写真の尺皿は、二度焼の赤絵付を用いた線彫りの魚紋で、現代の名工、新垣勲氏の代表的な作品です。
写真の尺皿 21,000円
そば猪口と水差し

湯のみ、カップ、水差し

白化粧に映える赤絵のそば猪口と水差しです。使い易いサイズの湯のみから、ビールに最適な大きさのカップも取り揃えております。
写真のそば猪口 2,800円、水差し 5,000円
花器と香炉

花器、香炉

蓋に開いた穴からお香の煙がほのかに漂います。この写真の香炉だけでなく、細やかな模様の花器なども取り揃えております。
写真の花器 8,400円、香炉 12,000円

新垣勲氏について

工房で制作に没頭する勲氏

真剣な眼差しで制作に励む新垣勲氏

新垣勲氏の銘

氏の作品には“勲”と銘が打たれています。

新垣勲(あらがきいさお)氏は、民藝運動を指導した柳宋悦や濵田庄司と深い親交があった新垣栄徳を祖父に、そして、壺屋の名陶工と呼ばれた新垣栄三郎を父に持つ壺屋の名門、新垣家の七代目です。

勲氏は、1944年那覇市壺屋で生まれ、浪速短期大学デザイン工学科を卒業。1991年には通商産業大臣認定「伝統工芸士」に認定、2006年には「現代の名工」にも認定されました。

壺屋焼の伝統を重んじながらも、伝統工芸発展への研究を怠らず、日用雑器を中心に、現在も新しい作品を生み出しています。

そんな勲氏の作品は、生産数が限られており、沖縄県外では入手がとても困難な状況です。当店では、工房において、窯出しされたばかりの素晴らしい作品の中から、ひとつひとつの作品を直接吟味し、厳選した作品を皆様にご紹介させて頂いております。独自の技法である二度焼きによる大変手の込んだ赤絵色の美しさは見る者を魅了し、使い込むほどに愛着が増します。

ページの先頭へ